国別大学院留学事情

国別大学院留学の特徴について

海外の大学院はそれぞれの国によって教育制度なども大きく違うため、非常に大きな特徴を持っています。教育制度や難易度だけでなく、卒業までの期間や卒業論文、インターンシップの有り無なども留学先によって大きく変わってしまいます。そのため希望によって留学先はコース(専攻)や学校を選ぶのと同じくらい熟考が必要と言えます。ここでは日本人大学院留学生に特に人気の留学先についてその教育制度や特徴など解説しています。

アメリカ大学院留学:

アメリカの教育制度の特徴はそのお国柄に現れている通り「自由」ということです。例えば一部の必修科目を除き履修するクラスも自由に選べますし、修士論文なども作成する場合としない場合、選ぶことができるコースが多いのも特徴です。そのため卒業までの期間も一定ではなく、履修するクラスによって1〜3年程度幅があります。
アメリカ大学院留学の特徴>>

イギリス大学院留学:

イギリスはアメリカと大きくことなり、履修クラス、卒業までの期間、全て入学と同時に決まっています。入学から卒業までコースの学生も変わりませんので、1年間同じ学生で進んでいくことになります。また1年間という短い期間で修士号を取得しますので、インターンシップや長い夏季休暇などもありません。
イギリス大学院留学の特徴>>

オーストラリア大学院留学:

オーストラリアはアメリカとイギリスの間といった特徴になります。例えば期間は1、5年間のコースが多いですし、修士論文も課せられるコースと課せられないコースがあります。修士論文を書く書かないも選択できるコースもあり、まさにアメリカとイギリスのいいとこ取りといったコースが多いのが特徴です。またオーストラリアの大学は留学生のケアに定評があり、大学付属の英語学校も通常併設しています。
オーストラリア大学院留学の特徴>>

カナダの大学院留学:

カナダの大学院はほとんどアメリカの大学院と同じ教育制度ですが、相違点といえば入学難易度とリサーチ主体のコースが多いことです。アメリカの修士課程ではあまりみられませんが、カナダでは2年目をリサーチ期間に当てるコースもあり、アメリカのように実践的なコースを基礎から学ぶ、といったニュアンスでは大きく異なったコースがあるのも特徴です。
カナダ大学院の特徴>>

ヨーロッパの大学院留学:

ヨーロッパの大学院への留学を検討する場合は、まず考えなければいけないことは現地の言語で学ぶか英語のみで学ぶかということです。ご存知の通りフランスはフランス語、ドイツはドイツ語とヨーロッパ各国でもそれぞれ各国の言語を持っています。もちろん現地の学校は通常こういった現地の言語で授業は全て行われますので、第二言語を英語としている日本人には第三言語を学ぶ必要があるということです。しかしヨーロッパの大学院でも昨今の急激な国際化により全て英語で履修できるコースも増えてきています。まずは学ぶ言語を決めることから準備を始めましょう。
ヨーロッパ大学院の特徴>>

北欧の大学院留学:

北欧の大学院留学を検討する際現在最も人気のある留学先として挙げられるのがスウェーデン、ノルウェイ、デンマークです。こういった北欧の大学院は環境、福祉大国として環境が恵まれていることもありますが、北欧の大学院は授業料は無料という言葉をよく耳にします。もちろん一昔前まではそうだったようですが、昨今では少々事情が変わってきているようです。
北欧大学院の特徴>>

アジアの大学院留学:

ここではアジアの大学院の中でも日本人大学院留学生に最もに人気のある、香港、シンガポール、韓国、中国の大学院について解説しています。香港やシンガポールは英語で授業が受けられるので問題ありませんが、韓国や中国では留学生用の特別コースを選ばないと現地の言語を習得する必要があります。
アジア大学院の特徴>>

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫