Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

GMAT対策研究所

広告掲載希望≫

Your search produced the following results

1. School Information

学校情報 University College London
Senate House Malet Street London WC1E 7H UK
URL: http://www.ucl.ac.uk/
ロケーション イギリス 
環境 地方都市  ランク 最上位校 
生徒数 約4500人 留学生割合 約40%

2. Course Information

学部名 Faculty of Arts and Humanities
コース名 MA in English: Issues in Modern Culture
コース紹介
(概要)
The programme consists of two courses. Authors. A close reading, in terms they themselves could be said to propose, of works by some of the nineteenth- and twentieth- century British, French and American writers who have most consistently 'made it new'. The first (Modernist) phase of making it new might be understood as a tale of two cities: one way to modernise yourself was to get to know London and/or Paris. With the second (Postmodernist) phase, the emphasis should more properly be on those strategies and preoccupations: difficulty, for those writers who have seen themselves (however ambivalently) as Modernism's heirs, and identity politics, for those who have not (however ambivalently). Contexts. A historical and cultural analysis of the implications for modern culture of some of the technologies, media, philosophical perspectives, art-forms and popular genres whose development during the twentieth-century has made itself felt, as threat, stimulus, or paradigm, in Modernist and Postmodernist writing.
期間 約1年間
学費 約200万以下 生活費(年間) 約200万円
GPA 3以上 大学の単位 問わない
TOEFL 100点以上 IELTS 7
条件付合格 有り GRE/GMAT 無し
職歴 問わない 学生寮 有り
URL http://www.ucl.ac.uk/ah/