Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

GMAT対策研究所

広告掲載希望≫

Your search produced the following results

1. School Information

学校情報 University College London
Senate House Malet Street London WC1E 7H UK
URL: http://www.ucl.ac.uk/
ロケーション イギリス 
環境 地方都市  ランク 最上位校 
生徒数 約4500人 留学生割合 約40%

2. Course Information

学部名 Institute of Archaeology
コース名 MA in Public Archaeology
コース紹介
(概要)
This unique degree, in a rapidly growing sector, is suitable both for those wishing to study the relationship between archaeology and the public as an academic subject and those wishing to pursue a career in the public aspects of archaeology. The degree is designed to give students a considerable degree of flexibility over the topics that they study. All students take a compulsory core course in Public Archaeology, and a related project leading to a dissertation. They also choose to study two full elements of options from the list provided below. This flexibility allows students to design a degree which is either more theoretically based or more practically based, depending on each individual's needs. The core course and options are assessed by written coursework. Teaching is by lectures, seminar/discussion groups, and visits. The degree is available either full-time over one calendar year or part-time over two calendar years (commencing September). It is hoped that students will be able to undertake a placement in a museum, site or other organisation (subject to student numbers and resources).
期間 約1年間
学費 約200万以下 生活費(年間) 約200万円
GPA 3以上 大学の単位 問わない
TOEFL 100点以上 IELTS 7
条件付合格 有り GRE/GMAT 無し
職歴 問わない 学生寮 有り
URL http://www.ucl.ac.uk/archaeology/