Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

GMAT対策研究所

広告掲載希望≫

Your search produced the following results

1. School Information

学校情報 University College London
Senate House Malet Street London WC1E 7H UK
URL: http://www.ucl.ac.uk/
ロケーション イギリス 
環境 地方都市  ランク 最上位校 
生徒数 約4500人 留学生割合 約40%

2. Course Information

学部名 Faculty of Arts and Humanities
コース名 PhD in Translation Studies
コース紹介
(概要)
Suitably qualified candidates can study for the degrees of Doctor of Philosophy (PhD) or of Master of Philosophy (MPhil) in Translation Studies. The PhD requires a minimum of three years?f full-time study (four years?f part-time). The MPhil is a research degree of the shorter type, normally requiring two years?f full-time study (four years part-time). Research topics can be in translation theory and history covering virtually any European language. Candidates normally propose their own research topics. For topics involving non-European languages and cultures, joint supervision with the School of Oriental and African Studies may be possible. Students can study on a full-time or part-time basis; part-time non-residential registration is also possible, subject to Graduate School approval. All research students initially register for the MPhil degree; they can upgrade to the PhD after a minimum of one year?fs full-time study (or two years part-time), provided their work is of a sufficient standard.
期間 約3年間
学費 約200万以下 生活費(年間) 約200万円
GPA 3以上 大学の単位 問わない
TOEFL 100点以上 IELTS 7
条件付合格 有り GRE/GMAT 無し
職歴 問わない 学生寮 有り
URL http://www.ucl.ac.uk/ah/