海外大学院で学べる専攻

海外大学院で学べる専攻

海外の大学院には非常に多彩な専攻が存在し、その数は400を超えると言われています。ここで全てその全ての専攻を紹介することはできませんので、分野別に日本人大学院留学生に特に人気の専攻に絞り紹介しています。もし下記に学びたい内容が見つからなかったとしてもここに紹介している専攻が全てではありませんので、各大学院のホームページなどで根気よく探してみてください。


■ビジネス系専攻について:

海外の大学院でビジネス系の学位というと、MBA(経営学修士号)を筆頭に数多くの学位が存在します。会計学、人材管理学、マーケティングといった昔からある学問から、人材開発学や金融学、国際ビジネスといった新しい学問まで様々です。
ビジネス系専攻紹介>>


■政治・国際協力系の専攻について:

政治・国際協力的系の学位は昨今の留学希望者の最も人気の専攻と言えると思います。特にその中でも開発学系の学位は非常に人気があり、最近では教育開発、環境開発、ジェンダー、人権問題などその研究分野は非常に多岐に渡ります。また国際関係学も非常に根強い人気で、特にアメリカ東海岸で国連本部のもとで国際関係学を学ぶことを希望していることが多いのが特徴です。
政治・国際協力系の専攻紹介>>


■教育系の専攻について

日本人留学生にとって海外大学院で学ぶ教育系の一番メジャーな専攻は英語教授法(TESOL)になります。日本国内の昨今の英語教育ブームによりさらに人気が高まっています。また国際協力の視点から国際教育学も注目の専攻のひとつです。
教育系の専攻紹介>>


■法律学系の専攻について

通常Master of LawをLLMと呼びますが、LLMの中でもその研究テーマは非常に多岐にわたります。もちろん既に弁護士資格をお持ちの方がさらに専門知識をつけるために留学するケースもありますが、法律学学士を持っていなくても入学できるLLMのコースもあります。
法律学系の専攻紹介>>


■環境学系の専攻について

環境学は昨今の環境ブームにより現在日本人大学院留学生に最もに人気の高い専攻のひとつです。海外では環境学といっても理系の学位だけでなく、環境政策や環境デザインを学ぶ学位もあり、そういった専攻であれば文系の学生も入学可能なためさらに人気が高まっています。ここでは特に文系の学生でも入学できる環境系学位を中心に紹介しています。
環境学系の専攻紹介>>


■文化・文学系の専攻について

文科系の学位で特に人気の高い専攻は、異文化学(比較文化学)と文化人類学です。前者は通常文化人類学のひとつの分野として学ぶこともありますが、最近では異文化と戦争、異文化と国際摩擦、異文化と国際関係など様々な分野と連結することによりさらに幅広い研究分野となっています。
文化・文学系の専攻紹介>>


■メディア系の専攻について

日本でメディア学を真剣に学ぼう思うと、どうしても専門学校という選択肢になってしまい、大学院レベルの高等教育機関で研究を行っている学校は非常に限られています。しかし海外では多くの学校で研究テーマとしてメディア学を学ぶことができ、その研究分野もジャーナリズムからフィルム、広報と非常に幅広いの特徴です。日本にはない専攻も数多く存在しますので、海外大学院で学ぶ意義が強い学位と言えるでしょう。
メディア系の専攻紹介>>


■心理学系の専攻について

通常海外の大学院で学ぶ理由は、日本よりその分野の研究が盛んだからである、という方が一番多いと思いますが、心理学の分野はまさしくそんな理由で留学する方が最も多い専攻のひとつです。例えば海外ではカウンセリング学という学位が独立して開講されていますが、日本ではまだまだ臨床心理学の一分野という位置づけになっており、心理学を専門研究している学生でもカウンセリングを明確に定義することは難しいのが現状です。日本では学ぶことのできない専攻を選択できることが海外大学院で学ぶ最も大きな恩恵であるということは言うまでもありません。
心理学系の専攻紹介>>


■自然科学系の専攻について

海外の大学院で専攻できる自然科学系学位は非常に幅広くここで紹介するにはあまりにも数がありすぎるのですが、ここでは特に日本人大学院留学生に人気の学位をまとめておきます。特に数学、生物といった学位はその専門分野も非常に細かく分かれていますので、特に人気の専攻となっています。
自然科学系の専攻紹介>>


■美術・芸術系の専攻について

美術・芸術系の学位となるとその研究テーマは非常に幅広いものとなります。もちろん皆さんご存知のイラストレーション、写真、ウェブデザイン、情報デザイン、アニメーションなどの専攻も存在しますが、ここでは海外大学院ならではという少し特殊な学位を中心にご紹介致します。
美術・芸術系の専攻紹介>>


■医療・福祉系専攻について

海外大学院で学ぶ日本人留学生にとって医療系学位で最も人気があるのは公衆衛生学です。MPH(Master of Public Health)という名でも知られている専攻で、北米などでは資格として認識されているのも人気の理由です。また日本で公衆衛生学を高等教育レベルで学べる学校が少ないため、海外の大学院を選ぶ方が多いのも特徴です。また日本で看護師としての経験がある方は永住権を求めて看護学を選ぶ方も多いようです。
医療・福祉系専攻紹介>>


■工学系の専攻について

海外大学院で学ぶ際、日本人留学生に人気のある専攻は機械工学や生物工学、環境工学などです。生物工学は非常に専攻が細分化されていますので、希望の研究テーマを見つけることができます。また環境工学では発展途上国支援などのために水、土壌、大気などの研究を行う方多いようです。ここでは工学系でも特に日本人留学生に人気の専攻に絞り紹介させて頂きます。
工学系の専攻紹介>>


Warning: mysql_connect() [function.mysql-connect]: User 'OA00066666' has exceeded the 'max_user_connections' resource (current value: 10) in /home/users/1/chicappa.jp-ihlusc/web/searchBox.php on line 60
User 'OA00066666' has exceeded the 'max_user_connections' resource (current value: 10)